和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

09月

蟄虫坏戸(むしかくれてとをとざす)

今日は、七十二候の一つ、蟄虫坏戸(むしかくれてとをとざす)。

3月5日の啓蟄(けいちつ)頃に、土の中で巣籠りをしていた虫たちが起きてきて、蟄虫坏戸の頃に、再び、土の中に入り、冬眠の準備をし始める頃だそうです。

巣に入る事を、「戸」を閉ざす。と虫たちを擬人化した表現がお茶目です。

この、「むしかくれて とをとざす」頃に、蛇も巣穴に入ります。蛇は巣穴の中に大勢で入り、ロープが絡まったみたいに、皆で、グルグル巻きになって越冬。

この頃に、まだ巣穴に入らず(入れず?)ウロウロしている蛇をさして、「穴惑い」と言い、秋の季語に。

どうして、ウロウロしているのか・・・?巣穴を探しているのか?巣穴に入るのが嫌なのか?蛇は、殆ど本能で生きていると思うので、「意志」はほぼ無いと思う・・。って事は、穴に入れそびれ、彷徨っているのか・・・・。

自分の居場所を見つけられない蛇に、人間を重ね合わせたお話や短歌が結構あります。自分の落ち着ける居場所がないって、寂しいですものね・・・。

秋~冬を人生の終わり頃にたとえ、人生の終わりを、どう生きるか、落ち着ける自分の居場所を見つけたい!と、彷徨っている自分に、蛇の「穴戸惑い」を重ねる方が、いるとか、いないとか・・・。

さて、いよいよチャーミングセールも本日最終日。

ひよりは、セール期間中、連日沢山のお客様がいらして下さり、嬉しい限りでございます。セール期間中、新しいお客様との素敵な出会いも沢山ございました。感謝。

振袖達です。

DSCN1383DSCN1385DSCN1387DSCN1389DSCN1390DSCN1392

 

 

 

 

 

孔雀

1989年、今から25年前の今日、横浜のベイブリッジが開通しました。

もう、25年も経つんですね。

管理人は、ちょっと、長いお出かけをして、首都高の湾岸線経由で家に帰る時、ベイブリッジから、ランドマークと観覧車が見えると、「あ~~帰ってきた~」と、家に戻った感があります。

レインボーブリッジからの眺めの派手さや豪華さに比べると、とっても地味~な、ベイブリッジからの眺めですが、管理人にとってはホームタウンのホットする景色。

出来た当初は、橋の上で車を停めて景色を眺めてる危険な方がいらっしゃいましたが、25年も経つと、そんな方はいらっしゃいませんね。高速道路ですから。

さて、チャーミングセールも残すところ、今日と明日のみ。

昨日から、チャーミングセールだけの、日替わりの商品として、振袖とバッグがお店に出ております。

バッグの中での、一押し商品は、孔雀柄のビーズバッグ。孔雀好きの方はお見逃しなく!お着物の用のバッグですが、外国のお客様は、パーティーバッグとして、お使いになるようですから、お着物でも、お洋服でもOK!確実に目立ちます!

所で、孔雀の雄と雌、外的特徴に違いがありすぎですね。雄はご存知のように、派手な色と羽、目玉の周りに模様を持ち、一方メスは、じみ~な色。

孔雀

 左が雄 右が雌

孔雀のメスはお相手を選ぶとき、派手な羽を持ち、目の周りの模様が沢山あるオスを好むそうです。

派手な出で立ちは、生物としては目立ち過ぎて捕食される危険が高いのに、なぜメスは派手な雄を選ぶのか・・・。

一説には、ハンディーキャップ理論と言って、長くて派手な羽は生きるには不利。邪魔な不利なモノを抱えて生きるオスの方が、持たないオスよりも生きる力が優れている・・・と、孔雀のメスは判断するらしい・・あくまでも、一説ですが。

いろんな考え(孔雀は本能でしょうが・・)がありますね。

孔雀の好物は、サソリ等の毒虫や毒蛇など。意外にワイルド。毒を持つモノを食べる事から、邪気を払ってくれると、昔から縁起の良いものとされています。邪気を払う、ラッキーアイテムとして、孔雀バッグいかがですか?

DSCN1380

孔雀バッグ(リサイクル)¥4,000

台風襲来の日

今日は、見事な秋晴れ!日差しは強いですが、秋の爽やかな風が心地よい。

9月26日は、台風襲来の日。

1950年代に大きな台風が、偶然とは思われないような確率で、この日に襲来したんだとか・・。

1954年「洞爺丸台風」青函連絡船が転覆。死者行方不明者1151名。

1958年「狩野川台風」伊豆・関東が被害。死者行方不明者1200名余。

1959年「伊勢湾台風」東海地方が被害。死者行方不明者5200名余。

災害史上に残る、大きな被害が揃ってます。1960年代以降は、その傾向は弱まったようですが・・・。

このように、天気が統計上高い確率で現れる日を「特異日」と言います。なぜ、特定の日に同じような天気になる傾向が強くなるのか・・、気象学的には解明されていないようです。特異日は、日本だけでなく、海外でも同じような日があります。

お天気の有名な特異日は11月3日。この日は、かなりの確率でお天気らしいですよ・・。

あれですよね、「晴れの特異日」11月3日がお誕生日の人は、行いが良くて、いい人っぽく感じ。「台風襲来の日」9月26日がお誕生日の人って、台風のように周りに被害をまき散らす、困ったちゃんの感じがするのは、気のせいでしょうか・・・。と、誕生日のブログを複雑な心境で書いております・・・・。

さて、チャーミングセールも、いよいよあと3日。

今日からの3日間は、日替わり商品として、振袖が店頭に出ます。

今作られている物とは、一味もふた味も違う、昔の色合いや模様、見事な金駒刺繍。

好きな物は人それぞれ、新品の今のお着物がお好きな方、昔のお着物の色や柄がお好きな方。どれが良いとか、悪いとかはありません。ご自分の感性にあった物をお探しください。

古いお着物をお召しになるのに、胴裏のシミや変色(シルクは変色してゆきます)が気になる方は、有料で胴裏のお取替えをいたしますので、お気軽にお声かけ下さい。(同裏生地込みで、2万円位)

また、材料としてお使いになる方、昔の振袖は、生地全体に柄があり、使える部分が多く、とてもお買い得。制作意欲がわいてきますよ!

DSCN0002

 

振袖の写真は、これからお店で撮ってまいります・・。後程、アップいたします。

着物ジャック・・・トホホ

今日は昨日からの雨が午前中で上がり、午後は日差しが出ておりますが、風が強い!

お店の外に出ているトルソーが倒れやしないかと、ドキドキしております。

木曜はいつも休み明けの、ぼんやり頭でのお仕事・・・こんな日は、ただただ無事に、大きな失敗がなく、1日が無事に過ぎますようにと、願いながらすごしております。

23日(祝日)の「着物ジャック」行かれた方いらっしゃいますか?

お写真拝見すると、楽しそうですね・・・。

管理人は、その日、朝ご飯の後、ちょっと横になるつもりが・・・、目覚めた時間が、お昼をまわり2時近くに・・・。やっちまいました。撃沈。

このところ、夏の疲れが出てきているのか、チャーミングセールの準備疲れなのか・・・。

先日も、自宅でお三味線の練習の最中、だんだん眠くなり、いつの間にか、お三味線とバチをほおり出し、指すりをはめたまま、寝てしまいました・・。

ご飯の後はわかるとして、何故か集中しなければいけない時に、眠くなる。オババになると、集中力が眠気に負けるのでしょうか・・。

疲れだけではなく、年齢のせいもあるんでしょうね・・・と、何でも歳のせいにしてごまかす・・・えへへ。

そんな訳で、着物ジャック初参加は、幻となりました・・・トホホ。あぁ~~~残念・・・・。

さて、ひよりは今、七五三のお品が充実しております。

とても素敵なお品物が、お買い得なお値段で出ております。

ぜひ、ご覧になって下さい。

DSCN1368

七五三・ぽっくり ¥15,000

新品の1/3~1/4のお値段。お買い得!1点限り。

娘の7歳のお祝いに、ぽっくりを履かせました。歩きにくいはずなのに、とても上手に得意げに歩いていた可愛らしい姿が、ついこの前のように目に浮かびます。子の成長ってアッと言う間ですね。

Do you remember the 21st night of September?

今日の横浜は、気持ちのいい秋晴れ!

昨日まで、雨の天気予報でしたが、見事なお天気。朝から、元町は賑わっています。

チャーミングセールも2日目。

初日は、沢山の方においでいただき、嬉しい限りでございます。ありがとうございました。

チャーミングセールやお着物と全く関係ないお話・・。

さて、本日の「9月21日」と聞いて、皆様何かを思い浮かべますか?

9月21日と言えば、アース・ウインド・アンド・ファイヤーのヒット曲「September」の歌い出し。なんて思うのは、管理人だけかも・・・。

Do you remember the 21st night of September?

多分、誰もが一度は聞いた事がある歌い出し。

中学・高校時代を、外国の歌にどっぷり浸かった生活をしていた管理人。今では、懐かしの曲になったこの曲も、リアルタイムで聞いていました。

出だしのこのフレーズだけ覚えて、あとは、バーディヤー~・・・と適当に歌ってました・・。つまらぬお話で失礼。

しかし、9月21日の夜を覚えている?って言われても・・・ねぇ~。そんなに、何でも記憶しているものなんでしょうか?

過去は、振り返らない、今を生きる!の管理人にとって、こんな風に聞かれるのは苦手・・。

自分の過去は振り返りませんが、古いものは大好き。

正確に言うと、いいなぁ~と思うものは、たまたま古い物ですね。

お着物も、好きな色合いがあり、最近のお着物の発色には、心ときめく物が少ない。

「わ~~~いいなぁ~~。」と思うものは、古いものが多いです。

今回のチャーミングセールには、そんな「いいなぁ~~。」のお着物が沢山ございます。それぞれ愛おしくて、大切にしてもらえる方の所に行けますように!と、願っております。

お店なので、売れないといけないのですが、傍に置いておきたい・・・。

娘をお嫁に出す親の心境ですね。

ぜひ、私たちの(お店スタッフ全員)の娘達(お店の商品)に会いに来てくださいまし。

皆さまと、素敵なお着物の出会いがありますように・・・。

DSCN1352DSCN1346

左/襦袢 右/七五三の7歳用

彼岸の入り おはぎ&ぼたもち

いよいよ今日から、チャーミングセール!

小雨がぱらつく生憎のお天気ですが、元町は沢山の人です。朝から行列のお店もちらほら。

ひよりは、行列はございませんが、開店前からお客様がいらっしゃり、お買い物をされていました。嬉しい事です。

足元の悪い中、楽しみにいらして下さり、感謝でございます。

そして今日は、彼岸の入り。

お彼岸と言えば「おはぎ」。今日と明日はお仕事なので、明後日、おはぎを作ります(予定)。

「おはぎ」と「ぼたもち」どう違うのか?なんて呼ばれますか?

管理人は「おはぎ」と呼びます。「ばたもち」のイメージは、田舎のおばあちゃんが作った、すごく甘くて、たっぷりの粒あんに包まれた、ぽったりとした物。

おはぎとぼたもちの違いを調べてみると、小豆がこしあんと粒あんの違いとか、もち米のつぶし方の違いとか、おもちの中に、餡が入っている物と、入っていない物とか、・・・場所によって色々あるようですが、見た目的には、殆ど同じ・・・。

そんな諸説ある2つの言い方ですが、語源は、春の花の牡丹にちなんで「牡丹餅」ぼたもち。秋の花の「萩」にちなんで「御萩」おはぎ。

ほぼ同じものでも、季節によって呼び方を変えるなんて、なんて風流なんでしょう!昔の日本人の感性の鋭さに脱帽。

いつも、事務所仕事の管理人ですが、今日は午後からお店の応援に参ります。事務所にいても、お店が心配で、心ここにあらず。本心は、ブログ書いてる場合じゃな~い!です。

ぼたもち

 

明日から、チャーミングセール!

おはようございます。今日も、横浜は秋晴れ!気持ちがいい!

明日から、いよいよチャーミングセール!お天気が心配・・・。

管理人は事務所でお仕事をしておりますが、お店は今日チャーミングセールに向けての模様替えで、大忙しです。

小さな限られたスペースに、盛りだくさんのお品を、いかに素敵にレイアウトするか・・・。

関東近郊のみならず、全国的に名前がしられている「チャーミングセール」。最初は1961年。ずいぶん昔です。53年前にそのネーミングは斬新だったんでしょうね。その前は、「謝恩セール」とっても一般的でした。日本のバーゲンセールのはしりだったようです。

横浜開港の翌年から存在していた、長い歴史を持つ元町商店街。その名前を全国に広げ一躍有名にしたのは、「ハマトラファッション」。この言葉は、お若い方はご存知かしら?昔は、「ハマトラ」で良かったけど、ファッションを付けないと、アニメの「ハマトラ」と間違われるようですね・・・。

ファッション雑誌に取り上げられた「ハマトラファッション」グッズを求め、全国から人々が集まりました。

その頃の、チャーミングセールは、恐ろしいくらいの人。

チャーミングセールで混雑する元町ショッピングストリート入り口

こんな感じ。

蛇足ですが、写真に写っているマクドナルド。もう無くなってずいぶん経つのですが、管理人の周りでは、未だに、「マックの角の所」と言い、それで普通に会話が成立します。

ひよりも、チャーミングセール期間中に、必ずいらして下さる、地方にお住いのお客様がいらっしゃいます。年2回(2月と9月)の、このセールを楽しみにして下さっているお客様の、ご期待にお応えできるように、スタッフ一同頑張らねば!

お店に、続々届く素敵なお品、店主を含めスタッフ全員が着物やかわいい物好き、好物でございます・・・。「これ欲しいかも・・・。」「買っちゃおうかなぁ・・・。」と、「ダメだめ!、これはチャーミングでお出しする商品!」と、自分の中で、欲望と理性がせめぎ合っておりまする・・・トホホ。

明日、晴れるといいなぁ~。

ヴィンテージ着物と年齢

今日の横浜は、爽やかな秋晴れ。

チャーミングセールまで、あと2日。どのお店も、セールの準備で忙しそうです。

こちらひよりも、品物が続々と届き、ワクワクしております。

さて、管理人も大好きなヴィンテージのお着物。

先日、テレビで同じ世代の脚本家の方が、素敵なヴィンテージのお着物をお召しになって出演されてました。百合が大胆に描かれている、紫色のお着物。とても、素敵にお似合いでした。

大好物の柄と色。でも、年齢を考えると、派手?かなぁ~と、着るのには躊躇していた系のお着物。でも、同じような年代の方がお召しになっているのを見ると、違和感ないなぁ~、意外とオッケーかも・・。

「オババでも、この色柄アリね!着られるよ~。」と喜んでおりました。傍で一緒にテレビを見ていた配偶者が一言「この着物確かにヴィンテージで古いけど、当時それを着ていた人は、若い人じゃないかなぁ~。」

「・・・・・確かに。」

さらに、「当時の着物って、今よりももっとプロトコールを重要視したんじゃないの?」(プロトコール?仰々しいなぁ~マナーで良いじゃないか・・)

「・・・・確かに。」

古い着物雑誌を見ると、「30歳~35歳のご婦人向けのバッグ。」とか、「22歳前後の未婚のお嬢様向けショール。」とか記してあり、なんだ~このピンスポットな対象は!リアルな対象年齢表記が有る!と、不思議に思ったことがあります。

今は、お洋服では年齢の壁はあまり無く、娘母で、洋服の貸し借りがあったり、年齢とファッションはあまり関係なくなっているが、昔は、「この年で恥ずかしいわ~」なんて感覚が有ったような・・・。今は、自分の感性に合った洋服なら、なんでもいいじゃない!ですが・・。

ヴィンテージの古いお着物。古い物でも、最初に着ていた年齢は若い方かも・・・。生地が古いから、古いオババでもオッケーではなく、やはり、年相応の色と柄を考えなければいけないのかぁ・・・・なるほど。

と、頭の隅に置きつつも、やっぱり自分の着たい着物を、好きなように着よう!と、思う。夫の心、妻知らず。・・・。

「夫の心、妻知らず。」=妻の為を思った深い夫心も知らずに、妻は浅い考えで勝手気ままな振る舞いをするものだ、という意味。親の心、子知らずの変形。

そんな、管理人の大好きなヴィンテージお着物が、チャーミーングセールで店頭に並びます。皆さま、お見逃しなく!

event_1

 

セプテンバーバレンタインデー?

ご存知でしたか?セプテンバーバレンタインデー。面白そうなので、取り上げてみました。

ラジオ番組が発祥で、ホワイトデーから半年の今日、女性から別れを言っていい日だとか。知らなかった・・・。

他の日は、お別れしちゃいけないのかしらん?9月下旬に別れたい!って思ったら、約1年待たなきゃいけないって事かいなぁ~?なんで、ホワイトデーから半年?と、突っ込み所満載。あまり普及していないようですね。

一応、お別れする為のルールがあり、紫色の物を身に着け、白のマニキュアを塗り、緑のインクで書いたお別れの手紙を直接渡す・・・。ちょっと微妙ですね。この格好で現れたら、それだけで引いてしまいそう・・・。

でも、最近は上手に「さよなら」しないと、諦め切れない男子につきまとわれてしまうので、この方法だと、変な奴だなぁ~と、執着せずに別れてくれるかも・・・・なんてね。

セプテンバーバレンタインなんてお構いなしに、1年中、毎日どこかで別れがあり、出会いが生まれていますね。

会うは、別れの始まり。別れは、会うの始まり・・・・。アンドロギュノスの(6月28日のブログでお話)お相手にめぐり会うまで、続くのでしょうか・・・。

人が、一生で出会う人は沢山いますが、地球に住む人間の数を分母にして、その一生で出会う人の数を分子にすると、確率はもの凄く低い、ホンのわずか。

どんな出会いでも、偶然の産物であり、良い出会い、良くない出会いにかかわらず、大事にしたいですね。

ひよりもお客様との出会いを大切にしております。

皆様に、喜んでもらえるお店作りをめざし、店主とともにスタッフ一同頑張っております。

9月20日~28日のチャーミングセールに向けて、お客様に喜んでもらえるお品を沢山取り揃え、お越しをお待ちしておりま~す。

ジャズde盆踊り?

今日も秋晴れの横浜です。

お出かけ日和。各地でイベントやお祭りが開催されています。

関西は、「岸和田だんじり祭り」が行われます。管理人が訪れてみたいお祭りの一つ。勇壮な「やりまわし」を近くで見たい!

横浜は、お三の宮日枝神社の例大祭があります。伊勢佐木町を含む町内で御神輿が出ます。今年は「陰祭り」なので、壮大な連合渡御はありませんが、各町内で御神輿が出ますので、お近くの方は是非ご覧になって下さい。

このお三の宮のお祭りの御神輿、担いでみたい!しかし、虚弱な体で無理。もう少し体力をつけなきゃ無理!と言われ、ず~~っと棚上げに・・・。来年こそ、担ぐぞ!・・・・たぶん。

伊勢佐木町の、ほぼお隣の「野毛」では「ジャズde盆踊り」が、今日、明日と開催。

ジャズ盆?なんでも「A列車で行こう」誰もが聞いた事があるこの曲に合わせ、盆踊りを踊るらしい・・・。流石、日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」のある野毛は違いますね。盆踊りもジャズで踊るってわけですかぁ~。見てみたい。

近くでお祭りが行われていても、今日はお仕事日。真面目に働いております。

今回も、チャーミングセールに向けてのPRを・・・。

着物を解いた物を販売いたしますが、リサイクルの八掛や羽裏も少しだけ、販売いたします。

勿論素材はシルク。静電気が起こらないので、肌ストレスがありません。

シルクの裏地って、とてもお高い。着物の裏地や襦袢は布巾は約36cm前後(お品物によって変化)と狭いですが、工夫をすれば十分にお使いいただけます。

お洋服や小物をお作りになる方は勿論、お着物をお召しになる方は、うそつき袖の材料としてもお使い頂ける重宝なモノです。ぜひ、お店でご覧ください。

DSCN1321DSCN1325

単色や暈し、柄物と色々ございます。

DSCN1322DSCN1324

管理人の好物、唐子柄。しかも、お祭りの様子。制作のイメージがどんどん膨らみますね!