和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

15日

七五三。と、「の」・・・熨斗模様。

今日は、七五三のお祝いの日。

なぜ、15日なのか?7+5+3=15.で、15日。・・・・単純。なぁ~んて。

一説には、旧暦の15日は、かつては鬼宿日(鬼が出歩かない日)で、しかも、満月の日に、氏神へ収穫と子の成長を感謝したとか・・・。

昔の日本は、乳幼児の死亡率が高く、七歳くらいまでは、まだ人としての生命が定まらない「あの世とこの世の境に位置する存在」と、され、「いつでも神様の元へ帰りうる魂」と考えられていた為、七歳になって、初めて正式に人として認められたらしい。

管理人はよく、「人として、それはどうなの?」と、言われます。それって、まだ人として微妙って事?

11月に入ると、土曜・日曜日は、七五三の晴れ着姿をよく見ます。が、お母様もお着物のケースが、少ない・・・。残念。折角なので、お着物来てほしいなぁ~。子どものお支度で、大変なのはわかりますが、一生に一度の行事なので、可能な限り、お母様もお着物を着て欲しいなぁ~~。

さて、今日のひより版着物用語の基礎知識。お題は「の」

「の」で始まる、着物用語・・・・熨斗、熨斗目、熨斗模様、野袴、能登上布、・・・少ない。

この中から、「熨斗模様(のしもよう)」を取り上げます。

「熨斗模様」・・・熨斗を図案化したもの。吉祥文様。熨斗とは、鮑を薄く伸ばしたもの。鮑は長寿を表す事から、縁起物として贈り物にそえた。これを、図案化したものが、熨斗模様。細長い帯状の熨斗を数本束ねた「束ね熨斗」が、着物の図案として有名。振袖や、留袖・訪問着によく使われる。

簡略化した熨斗(折り熨斗)

着物作家の笑える日々

束ね熨斗模様の振袖

ちなみに、「熨斗目」は、熨斗の模様とは、全く関係ありません。混乱しますが・・・。

熨斗目は、織り方の種類。経糸をやや粗く織った、生地の事です。また、武士が裃の下に着た着物を、熨斗目小袖と言います。

熨斗目小袖