和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

02月

ビリー・ジョー・アームストロング

強風の元町です。

寒くないけど、風が強くてお日さんの暖かさをさらっていっております。

先週のバレンタインデイ、我が家でも離れて暮らす娘から父へ、手作りのチョコが届きました。

一緒に添えてあったメモ紙を、父は宝物と秘密の隠し場所にしまっておりました。嫁に行く年になった娘ですが、彼にとってはいつまでも可愛い宝物なんでしょうね。

さて、「デイ」つながりで・・・今日は、グリーン・デイのヴォーカル、ビリー・ジョー・アームストロングのお誕生日。

グリーン・デイは、息子から「これイイよ」と、アルバム「アメリカン・イディオット」を貸してもらい、それ以来好きです。

American Idiot

良さは、何だろうかぁ~。音楽を「音」から入るワタクシには、ストライクな「音」。歌詞は、考えさせられたり、そうだ!と同感したり、これまたワタクシのストライクゾーンでございます。

感覚で生きている人間には、「好き」か「嫌い」しかなく、それを言葉で表現する事はは苦手、ざっくりとした表現で申し訳ございません。

今日お誕生日のビリーは45歳なんですね。童顔なのでもっとお若いのかと・・。

最初にお顔を見た時に、一瞬ベイ・シティ・ローラーズの人に似てる?

あと、メンバーのドラムのお兄さん、チープ・トリックのドラムのお兄さん・・・じゃなく、ギターのリックになんだか似てる?

多分、そう思うのはワタクシだけだと思いますが、ビジュアル的にも「好き」のカテゴリーだった訳です。

と、書いても、はたしてこのブログをご覧の方の中で、グリーン・デイをご存じの方はいるのかしらん・・・ワタクシminority?

と、若干不安ではありますが、今更、内容を全とっかえする時間もないので、このままで・・。

このブログで、チラリとでもご興味をそそられた方は、ぜひ動画でご覧になってみて下さい。

明日はワタクシ恒例のお歌の会、グリーン・デイのお歌もうたい、ストレスを発散予定でございます。

さて、いまさらですが、本当は今日のブログ、来週21日~26日のチャーミングSaleの告知をメインにする予定でしたが、まだハッキリ決まっておりません・・・全く関係の無い、お着物にも関係ないお話でお茶を濁すはめに・・・トホホ。

唯一決まっているのは、今回、詰め放題をやります!

お渡しするビニールの袋に、ちゃんと持てる状態まで、詰めるだけ詰めてもらう。スタッフが試しにやってみましたが、着物が4枚~5枚入りました。

その詰め放題の価格はいくらにするか?店主が考えを今詰めている所なので、決まり次第ツイッターでお知らせいたしますね。

ニートとニット

昨日、今日と雪がちらつく、冷え冷えの横浜でございます。

冷え性+気圧変動に弱いワタクシの体は、なんとか生きている状態。

そんな状態ですが、気持ちだけは張り切ってお仕事をしております。

しかしながら、今日は流石に、お店番は洋服なので、テンションは若干低め。

早くお家に帰って、おこたでぬくぬくした~いと、思いながら寒いお外を眺めております。

雪国育ちなのに寒さに弱いのぉ~?と言われますが、北国にいたのは人生の半分以下。横浜にいる方が長ごうございます。そのフレーズはもうそろそろご勘弁!

寒さに対する免疫が期限切れの状態。だから、寒さに弱いのぉ~。

寒いの寒いの飛んでいけぇ~。

さて、今日2月10日は「ニットの日」だとか、また「ニート」の日でもあるらしいが・・・。

ニートとニット、外国人には同じ音に聞こえるだろうなぁ~。

ニートって、定義的には15歳~34歳で(就学者や専業主婦を除いて)求職活動をしていない人だとか。ニートにも年齢制限があるのかぁ~ふむふむ。

年齢制限を設ける必要があるんだろうかぁ~。大人の事情なんだろうか。

ニートについてこのまま語ってしまうと、このブログの趣旨とかけ離れてしまう事必至なので、やめます。

もう1つの、「ニットの日」。

今は、もう老眼で根気がなくなり編み物を全くやらなくなりましたが、以前は結構編み物をしましたよ。

当時の彼氏(現・配偶者)に手編みのセーターを何枚か編みました。カウチンセーターも編んだりして、偉いなぁ~ワタクシ。今は、全く無理無理無理。

そ~いえば、娘が小学校の低学年の時に、父のバレンタインデーのプレゼントにマフラーを編んでましたねぇ~。当然、父は大喜び。

手編みのプレゼントって、良好な関係間なら心がほっこりしますが、そうじゃない場合、貰った方は・・・・。

来週のバレンタインデーに向けて、手編みのモノを!なんてお考えの方は、その辺の事をくれぐれもご注意を。

さて、和の店ひよりにも「ニット」がございます。ニット+古布。

寒いこの季節にぴったりのアイテムの手袋に、着物生地で作ったモチーフをつけました。
和服と洋服の両方で使えますよ。

DSCN4526

邪気

季節の分かれ目の節分、元町はぽかぽか陽気でございます。

明日から、暦の上では春。

節分の豆まき、子ども達が小さい頃は大盛り上がりの行事でしたが、配偶者と2人だけの豆まきは、ワタクシ、邪気を追い払う豆を配偶者に思いっきり投げつけてしまいそうな予感なので、いたしません。

恵方巻きも、商業ベースで全国的に展開された時は、一瞬我が家でも導入しましたが、「だから、何?」感が否めず、ずっと前から却下でございます。

何よりも、お豆さんは好きでじゃないので、齢の数を食べてしまうと、体調が悪くなるので・・・。

だから、季節の分かれ目の今日は、早く暖かな春になって欲しいぃ~。花粉に警戒しつつも、春を待ち望みながら、季節の移り変わりをしみじみ感じる事とします。

節分の豆まきは、周知のとおり「邪気」を追い払う為。

諸説ありますが、「魔目(まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じる。また、穀物には魔除けの呪力が備わっていると信じられていた事から、一年の無病息災を願う意味合いで、豆まきが行われるようになったようです。

が、心にいつも邪気が潜んでいるワタクシなんぞは、もしかしたら、その昔、お寺と穀物商が結託して「節分」の便乗商法で「豆まき」の行事を作ったかも・・・なぁ~んてちょっぴり思ってしまう。罰当たりの思考が止まらない・・。和尚さんと穀物商の会話が次から次に・・・。

まぁ~お豆さんが嫌いなワタクシは、いつも節分の日は、邪気を祓ってくれる「獅子」の帯を締めて、節分の邪気払い!

のはずだったのですが、そんな事はすっかり忘れちまい、こんなぼんやりした感じに・・。

DSCN4505

マヌケなワタクシ。

日本では、お豆さんで邪気を祓いますが、お隣中国の風水では「獅子」が邪気を祓ってくれます。

邪気を祓いたい!災いや悪霊退散!の時は、獅子でございます。

和の店ひよりの店頭にも、獅子柄がございます。邪気払いにお役立てください。

DSCN4515名古屋帯¥8,000

 

DSCN4511名古屋帯¥3,000