和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

捕食

捕食

今日はこどもの日。

子どもの日の趣旨は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」だそうです。

母に感謝ってあるんですね。父は感謝不要なのでしょうか・・・。

お題の「捕食」

「捕食」から何を連想されますか?ご存知の通り、捕食は、生き物が餌として動物を捕まえて食べる事。今も、地球上のいたるところで、生きるための捕食が行われています。

人間には、捕食者は、ほぼいませんね。実質的な捕食者はいませんが、広義での人間の捕食者、いますよね。

「そうだね。」と思われた方、素敵な想像力です。どのコミュニティーにも、あ~あの人!って方いらっしゃいませんか?

今日はこどもの日なので、こどもの捕食者について・・。代表的な捕食者は「母」でしょうね(全くの管理人の戯言と偏見ですが・・)。

産まれた時は、「ここに無事に産まれて来てくれた事だけで幸福。」と思った母は、やがて子の成長とともに、大切な我が子を想うが故の暴走が始まり、やがてはその子を自分に取り込み、子の人生か、母の人生かわからなくなってしまう・・・。よくあるパターンの母子関係です。

母には悪気はありません。食べてしまいたい程に子は可愛い。ひたすら子の事を思うが故に、精神的に食べちゃった。責めることのできない悲しい行動です。

小学校で漢字の「親」を習ったとき、「木」のように「立って」「見る」と覚えなさい。木のように立って見ているのが親ですと。

親になって思ったのは、立って見ているって一番難しい。つい、手を出したり口を出したり・・・。母親としての愛情と責任を正義の御旗のようにパタパタ振りながら、ずいぶん子に悪いことをしたなぁ~と反省してます。だって、大事な大切な子が、悲しんだり失敗したり、悲しんだりする姿を見るって辛いんですもん。。

子が苦労しないようにと願わない親はいないと思います。しかし、苦労も子の人生には必要!と、自分に言い聞かせ、心では沢山応援しながら見守る努力が必要だなぁ~と、感じています。

そんな、困難に立ち向かっている子を、陰ながら応援する親御さんへ、ぴったりのお品がございます。

ふくろうグッズ。

ふくろうは漢字の語呂合せから縁起がよいとされます。フクロウ(梟)は他の字を当て語呂合せから縁起がよいとされます。
不苦労=苦労しない、難を免れる
福 籠、福来郎=福を呼ぶ
福 老、富来老=豊かに年をとる
福 路=旅の安全、人生の幸

ふくろうグッズを握りしめて、大切な我が子の邪魔にならないように、遠くから熱く見守れる親になりませう。

DSCN0682 DSCN0685       ふくろう置物 ¥800                     ふくろうストラップ ¥600

 

« »