和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

閻魔様の休日

閻魔様の休日

毎月16日は閻魔様の休日だそうです。閻魔様の存在の真偽や、閻魔様は労働者?休日は必要?なんて、つまらない疑問は受け付けません。

特に、1月と7月の16日は地獄の窯が開く(お休み)だそうで、各地で様々な行事があります。

誰しも聞いた事がある「嘘をつくと、閻魔様に舌を抜かれるよ!」恐ろしい言葉です。

閻魔様のお仕事は、嘘つきさんの舌を抜くわけではなく、亡くなった人の生前の罪業を裁断するお仕事。地獄にいる十人の王の一人です。十人の王の中で、一番メジャーな王が、閻魔様。

罪業のレベルに応じて、その人の地獄でのポジションが決まります。この「罪」について少し調べてみると、恐ろしいことに、ベジタリアンで絶対に虫やその他の生き物を殺した事がない人以外、地獄行き決定でございます。閻魔様に裁かれます。残念です。

と、一瞬ドキドキしますが、死後の事を今あれこれ心配しても仕方なし。何より、普通に生きてる大人の方々は、既に地獄行きがほぼ決定でしょうから、今さら、あがいても時すでに遅し・・・。今後できることは、これ以上、責苦のステージを上げないように気を付けて、清い生活を心がける事ぐらいでしょうか・・。

地獄のステージで、動物に生まれ変わる事という罰のコーナーがあります。これが、罰なのか・・疑問ですが。鳥になりたい管理人は、「お前は、鳥になる。」と言われたら、小躍りして喜ぶことでしょう・・。動物に生まれ変わる人の罪は、「本能や欲望のおもむくままに生きた人」。私、疑う余地なく決定でございます。

出来れば鳥に生まれ変わりたい。第二希望はクラゲ。しかし、罰なので、きっと本人にとって一番嫌な、屈辱的な生き物に変わるんでしょうね・・。特に、本能と欲望のみで形成されている私は・・・。恐ろしくて想像し難しです。

もし、軽微な罰ですみ、例えば犬や猫に生まれ変わったとしたら・・・。こんな、首輪とリードが欲しいなぁ~。

ひよりでは、帯締めをリメイクした首輪とリードをご用意しております。(小型犬・猫用)

帯締めは、極細の絹糸を沢山使い、しっかりと組まれた物です。見た目以上に丈夫です。

これを提供してくださった作家さんは、大型犬を飼ってらっしゃって、そのワンちゃんがリードをかじって何本もダメにしてしまい困っていたところ、試しに帯締めをリード代わりに使用してみたら、長持ちしたそうです。その経験から生まれた商品です。ワンちゃんがリードをカジカジしてすぐにダメにしてしまいお困りの方、ぜひ一度お試しください。

DSCN0742DSCN0739

帯締めリメイクリード ¥1,200   首輪 ¥1,000

« »