和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

白無垢でウエディングドレスを作る!

白無垢でウエディングドレスを作る!

今日は二十四節気の大寒。さむさむでございます。

雪が降るかもと、天気予報で言ってましたが、元町はまだ、雨が降ったりやんだりの空模様。

北国育ちだけど、人生の半分以上を横浜で過ごしてるワタクシは、極度の寒がり。今日のお店番は、「雪かも」で心も体も縮こまり洋服で過ごしております。

このブログで、「着物の方が暖かいよ!」などと、適当な事をほざいておりましたが、着物は、寒いです・・・ゴメンナサイ。

早く、春にならないかなぁ~。

春は息子の結婚式・・・。

加えて、最近娘から結婚するよ!と宣言され、何だか気持ちだけがバタバタしております。

息子の結婚式の準備は、ほぼほぼ済んでおりますので、当日無事に迎えられる事を待つだけですが、娘はこれから。

親の役目を卒業したつもりでおりましたが、娘が結婚!となると、いかんいかんと思いながら、あれやこれや考え、親スイッチがONになり勝手に暴走しそうな自分を、必死に抑えております。

が、昨日、娘の口から出た、着物をウエディングドレスにリメイクしたのイイね。

この言葉で、ワタクシの親スイッチは一気にONに。

「私、白無垢でウエディングドレス作るわ!」と、宣言してしまいました。

今まで、着物を洋服にリメイクして、お店で売っておりましたが、ドレス・・・それもウエディングドレスは未知の領域。はたして、ワタクシの適当お裁縫レベルで作れるんだろうか?

そこは、悩むより、まず行動!のワタクシ、何とかなるでしょう!きっと。でございます。

そんな訳で、この何年か携わって来た着物リメイクの集大成のような、一番の大作に取り掛かります。時々、経過報告をいたしますね。

思い起こせば、小さい頃から娘の「ハレの舞台」の衣装は、殆どワタクシの手作りでした。

いつも、ミシンをかけるワタクシの傍で、出来上がるのをワクワクしながら待っていた娘。その娘の一番ハレの衣装を作らせてもらえるなんて、なんて幸せ~。

今度こそ、親としての最後のお仕事になるんだろうなぁ~。

まぁ~、孫が出来たら、その白無垢リメイクドレスを、ベビードレスにリメイクなんてのもアリかもしれないけど・・・・エヘヘ。

過保護な母でございます。

ウエディングドレスは人生の節目のアイテム。卒業式の節目のアイテムとして定番の「袴」。

最近は、小学校の卒業式で男子の袴着用が指定されてるところもあるとか・・・。時々、困り顔のお母さまが「小学校卒業式の男子の袴ありますか?」と、いらっしゃいます。ゴメンナサイありませんよ~。

着物が注目されるのは良い事ですが、小学校の卒業式に・・・は、なんとなく違和感。準備が大変だなぁ~。

和の店ひよりで取り扱っているのは、通常の卒業袴と5歳の袴です。

卒業袴は残念ながら、紫色の1点のみになってしまいました。お探しの方はお早目に!

DSCN4494

 

« »