和の店ひよりは、アンティーク着物を中心として、着物をリメイクした洋服や小物を扱っております。

TEL.045-228-7318

〒231-0862横浜市中区元町5-190-1

ニートとニット

ニートとニット

昨日、今日と雪がちらつく、冷え冷えの横浜でございます。

冷え性+気圧変動に弱いワタクシの体は、なんとか生きている状態。

そんな状態ですが、気持ちだけは張り切ってお仕事をしております。

しかしながら、今日は流石に、お店番は洋服なので、テンションは若干低め。

早くお家に帰って、おこたでぬくぬくした~いと、思いながら寒いお外を眺めております。

雪国育ちなのに寒さに弱いのぉ~?と言われますが、北国にいたのは人生の半分以下。横浜にいる方が長ごうございます。そのフレーズはもうそろそろご勘弁!

寒さに対する免疫が期限切れの状態。だから、寒さに弱いのぉ~。

寒いの寒いの飛んでいけぇ~。

さて、今日2月10日は「ニットの日」だとか、また「ニート」の日でもあるらしいが・・・。

ニートとニット、外国人には同じ音に聞こえるだろうなぁ~。

ニートって、定義的には15歳~34歳で(就学者や専業主婦を除いて)求職活動をしていない人だとか。ニートにも年齢制限があるのかぁ~ふむふむ。

年齢制限を設ける必要があるんだろうかぁ~。大人の事情なんだろうか。

ニートについてこのまま語ってしまうと、このブログの趣旨とかけ離れてしまう事必至なので、やめます。

もう1つの、「ニットの日」。

今は、もう老眼で根気がなくなり編み物を全くやらなくなりましたが、以前は結構編み物をしましたよ。

当時の彼氏(現・配偶者)に手編みのセーターを何枚か編みました。カウチンセーターも編んだりして、偉いなぁ~ワタクシ。今は、全く無理無理無理。

そ~いえば、娘が小学校の低学年の時に、父のバレンタインデーのプレゼントにマフラーを編んでましたねぇ~。当然、父は大喜び。

手編みのプレゼントって、良好な関係間なら心がほっこりしますが、そうじゃない場合、貰った方は・・・・。

来週のバレンタインデーに向けて、手編みのモノを!なんてお考えの方は、その辺の事をくれぐれもご注意を。

さて、和の店ひよりにも「ニット」がございます。ニット+古布。

寒いこの季節にぴったりのアイテムの手袋に、着物生地で作ったモチーフをつけました。
和服と洋服の両方で使えますよ。

DSCN4526

« »